PSVRで映画三昧

PSVRのシネマティックモードを使って鑑賞した映画や音楽ブルーレイをレビューしていきます。

アメイジングスパイダーマン2 3D レビュー

f:id:sanecream222:20180830232311j:image

スパイダーマンホームカミングに続いて旧スパイダーマンシリーズの2作目をPS VRにて3D鑑賞いたしました。

 

なんていったってストーリーがまず面白い。

2Dで見ても面白いのに3Dで見て面白くないわけがない。

立体感はスパイダーマンホームカミングと同じくらいあって(ただしこちらの方が古い作品なので画質は落ちます)更に動きも派手、特殊効果も派手なので特に数カ所あるバトルシーンはまるでユニバーサルスタジオのスパイダーマンのライドに乗っているかのようでした。

 

何回もキャーキャー叫んでしまったくらいの迫力です。

最初のスパイダーマンがニューヨークを飛び回るシーンは酔いそうになりましたがストーリーが気になりすぎて中断せずに鑑賞。

140分もの超大作でしたがほんの一瞬でした。

 

この映画だけに限らず出来のいい3D映画は本当にもうアトラクションですね。

逆に言えばターミネーターやフィルハーマジックといったテーマパークのほぼ3Dのみが売りのアトラクションが廃れていきそうで怖いくらいです(ターミネーターは仕掛けや人がいますが)

 

中古で値段も下がっているので3Dの迫力を楽しみたい方は是非。

スパイダーマンホームカミングよりこちらの方が全然迫力があるのでオススメです。

 

ただ個人的にはラストの終わりの展開が好みではありませんでした。

賛否両論分かれると思いますが、、、これ以上書いたらネタバレになるのでここら辺にしておきます。

μ's Go Go LoveLive2015 DREAM SENSATION' レビュー

f:id:sanecream222:20180830205610j:image

今はラブライブといえばAqoursですがやはり社会現象にもなったのはμ's、ということでμ'sの2015年埼玉スーパーアリーナでのライブのDay1のブルーレイレビューです。

アニメファンではない一般目線からのレビューなのでご注意を。

 

アニメに登場する曲をアニメと全く同じ振り付けで担当声優さんが歌って踊るのが特徴のラブライブ

μ'sのライブは年々会場が豪華になっていき更に衣装や演出も豪華になっていくのが特に魅力です。このライブは東京ドームで行われたファイナルライブの1つ前のライブ、μ'sとしては5つめのライブとなっています。

ほぼほぼ1つのμ'sの完成形と言っても過言ではない出来ではないでしょうか。

 

Day2とのセトリの違いは主にユニットコーナーの有無。

Day1の方を個人的に推す理由はDay1にしかユニットの曲が入っていないからです。

 

特別感想と言ってもいつものμ'sなのでダンスのクオリティが高いのが特徴ですがアニメに興味のない一般層にはコンセプト的にも評価されるのはやや厳しいかもしれません。

それでもAqoursよりは観やすいと思いますが。

 

最近はバンドリというバンドコンテンツも人気ですがμ's共々やってる方々は本職がアーティストの方ではないのでやはり本職のアイドルの方々とのステージと比べてしまうとどうしても見劣りはしてしまいます。

 

バンドリもラブライブもアニメとシンクロしているという点を楽しむコンテンツだと個人的に思っていますし求められているそもそものものが本職の方々とは違いますからそのアニメプロジェクトの中のコンテンツの1つとしては特にμ'sは最高峰のクオリティだと思います。

 

余談ですがFripSideとして大活躍されている南條愛乃さんの圧倒的場慣れ感は流石でした。

怪盗グルーの月泥棒3D レビュー

f:id:sanecream222:20180830174838j:image

ユニバで大人気のミニオンズ出演の怪盗グルーシリーズ1作目、怪盗グルーの月泥棒をPS VRにて3Dで鑑賞しました。

 

3Dとしては前に鑑賞した マダガスカル3やスパイダーマンホームカミングほどの立体感はありませんが飛び出す演出や3Dならではの演出も随所にあってとても楽しめました。

というよりマダガスカル3ほどの立体感を出してしまうとこの手のCGアニメでは酔ってしまうと思うので丁度いい立体感だと思います。

側にマダガスカル3は30分置きに観たのですが怪盗グルーは休憩なしで観終わる事が出来ました。

 

3Dとしての出来は評判通りかなり良くジェットコースターのシーンやラストシーンは特に臨場感もありまさにアトラクションムービーといえる出来だと思います。

 

更に見所として3Dだけでなく映画の内容がとても良かった。

 

一言で言えばとても純粋な綺麗な映画です。

余計なものを詰め込まない、ただただ純粋な映画は近年あまり見かけないんですよね。悪くはないのですがディズニーもジブリもかなり詰め込んできますから。

人によっては子供っぽい、刺激もない、ただただ退屈な映画に思えるかもしれませんが私はその何もなさが逆に魅力だと思いました。

その何もなさを退屈に感じさせない演出やキャラクターも良かったと思います。

 

3D映画としても楽しめますし世間のミニオンズブームも納得の傑作です。

センターオブジアース2 神秘の島 レビュー

f:id:sanecream222:20180830131645j:image

地図にはない神秘の島に行って神秘の島から脱出する

 

本当にただそれだけなのだが面白いから不思議。

 

何も考えず軽く観れる作品でありながら所々に細かい家族愛のエッセンスを散りばめていてストーリー展開も起伏が激しく観ていて全く飽きません。あっという間に94分が過ぎ去っていきます。

 

個人的にヴァネッサハジェンズ はめちゃくちゃ美人だと思うのでそこも見所の1つ。

 

エンターティメントムービーとしてまさに代表作とも言える作品ではないでしょうか。

最近で言えばジュマンジと同じ部類だと思います(私は元々のロビンウィリアムズのバージョンしか観ていませんが)

 

実はこの映画、3D版も発売されているようですが残念ながら所持していないので2Dで鑑賞しました。

ただ3Dブームが起きる前の作品なので3Dの出来は近年のものほど期待しない方がいいのかもしれません、観ていないので何とも言えませんが。

好きな作品なので機会があれば3D版も購入したいです。

フィフス・ウェイブ レビュー

f:id:sanecream222:20180830130010j:image

今回はクロエ グレース モレッツ主演フィフス・ウェイブのレビューになります。

 

日本でもそれなりに話題になり劇場公開された本作ですが一番の見所は最初から最後までひたすらクロエ尽くしなところでしょう。

 

ストーリーは地球に未知の生命体アザーズがやって来て攻撃を開始、平穏な日常が崩れ去り主人公のキャシーもといクロエは弟と共に逃げ出しますが、、、というもの。

 

所謂宇宙人襲来もののパニックSFムービーです。

私はよくこの映画に関しては低評価を耳にしますがそれなりにSFとしてちゃんと楽しめると思います。駄作ではないです。

 

ただ、終わり方が続きを予感させる終わりになっていて綺麗に完結していない、にも関わらず映画の続編の予定が今の所ない

なので続きはどうなったんだーというムシャクシャした気持ちを抱えながら見終えることになります。

例えればプロローグだけ見て本編が見れない、そんな感じです。

 

原作はアメリカで人気のライトノベルだそうですがクロエちゃんが降りてしまったのか興行が思ったより伸びなかったのか、理由はわかりませんが続編はやはり予定が白紙のようで。

 

せっかく単体ではクロエというアイドル女優を全面に押し出してる割にちゃんとストーリーもしっかりした魅れる映画になっていたと思うのに勿体ないと感じずにはいられません。

この手の映画はもっと大規模なものがたくさん流行ってますから全てが中途半端だったのでしょうね。

 

以上の理由から何も考えずに観れる方、ただクロエを眺めたい方にオススメな映画です。

スパイダーマン ホームカミング3D レビュー

f:id:sanecream222:20180830102056j:image

スパイダーマンホームカミングの3DをPS VRにて視聴しました。

 

マダガスカル3では30分で酔ってしまった私ですがスパイダーマンは酔うような演出がなくただクオリティの高い3D映像を観る映画という感じだったので2時間以上でも余裕でした。

 

最終決戦のシーン等迫力は勿論ありますがやはりレディプレイヤー1やマダガスカル3に比べるとアトラクション要素は薄く3D映画を鑑賞するという感じでした。

でもいつもアトラクションばかり乗ってたら疲れちゃうのでこのような映画もたまにはいいと思います。

 

ストーリーはオリジナルスパイダーマンアメイジングスパイダーマンとはまた別のシリーズでシビルウォー で出てきたアベンジャーズの中でのスパイダーマンのお話です。

今回は若干ヘタレですがあの歳の男の子を等身大に表現していたところがよかったです。

若い勢いを感じられる映画でした。

 

実は映画館で2D、PS VRで3Dを観たのですが3Dの方が良かったです。

PS VRのスクリーンがとにかく大きいので迫力があるんですよね。

私はPS VRに本当にお世話になっています。

発売日に買って良かった^_^

ハルチカ 実写版 レビュー

f:id:sanecream222:20180829233556j:image

橋本環奈ちゃんと佐藤勝利くんというなんとも目に優しい2人が主演の人気小説の実写化ハルチカ

 

吹奏楽部で繰り広げられる日常を描いた作品ですがいい意味でよくあるステレオタイプのストーリー。

 しかしラストのコンクールのシーンとその後の展開は良かったと思います。

 

主演の2人が初々しく青春映画としてとても面白かったのですが何故かあまり印象に残らない、かつ印象に残らないのに2度見ようという気にはなれない作品だったりもしました。

 

楽しいし面白いしそれなりに感動もするけど一度見たらお腹いっぱい

というのが正直な感想です。

 

キャストの年齢や色々あって辞められた方がメインキャストだったりその辺の事情を考えると現実的には難しいのかもしれませんが原作には続きがあるので個人的に続編が見たいとは強く思う、そんな不思議な映画です。